TEL / 0749-62-1250

開館時間 / 9時から17時まで(入館は16時30分まで)

  

当館についてABOUT

当館について
(※姉川河川敷の指定地で撮影)

国友鉄砲ミュージアムについて

  • 国友鉄砲ミュージアム
  • 国友鉄砲ミュージアムは、1987年(昭和62年10月)滋賀県長浜市国友町に開館しました。木下藤吉郎(豊臣秀吉)が建てた長浜城から北東へ約5km、姉川に沿った国友村にあります。火縄銃専門のミュージアムで、住民の手によって経営している全国でも珍しい鉄砲ミュージアムです。

    近年、世界的な火縄銃人気の高まりから、アメリカ、イギリス、ドイツ、スエーデンなどからのお客さまがふえています。お客さまは火縄銃を所持しているマニアの方が多く、国友の銃は、①鉄が黒光りしていて錆びない②機関部(カラクリ)の細工が良いため故障が少ない③キラキラとした飾りが少ない④しっとりと手になじみやすく重さを感じない⑤全体と部分のデザインが優れている⑥命中率が高い、といった高い評価をうけています。

    国友の村の中を旧北国街道が南北に貫いていました。京を目指す武将たちが避けて通れない土地でした。国友には古代から鍛冶技術があったのです。北を望めば正面に小谷山。いちど国友村に立ってみてください。

館長のご挨拶

  • 国友鉄砲ミュージアム 館長 吉田 一郎
  • 本物の火縄銃を手にしてみてください

    近江の国友では、種子島に鉄砲が伝来(1543年)した翌年から火縄銃の製造が始まりました(國友鉄砲記)。ネジの開発、分業制の導入が大量生産を可能にし、鉄を極限まで強くする鍛造技術や命中率の高さによって「江州國友」の名声は高まり、信長、秀吉、家康と時の覇者の保護を受けてきました。火縄銃と鍛冶技術は、真鍮やさまざまな合金をつくる技術や技術革新を産み出していきます。

    国友鉄砲ミュージアムでは、シアターで火縄銃の歴史を学び、鍛冶の様子をジオラマで観て、鉄砲が造られていく過程が学べるように展示の工夫をしています。展示銃は大小合わせて約40挺です。火縄銃の実物を手にすることができます。ずっしりとした重量感を味わってみてください。

    国友の鉄砲技術は、火薬調合技術を生かして花火の製造や仏壇・山車の彫金技術に発展していきます。絶えず工夫改良する風土の中から、儒学者、医学者、科学者が生まれています。日本で初めて空気の重さを量り反射望遠鏡を自作して天体観測を行った國友一貫斎は東洋のエジソン、日本のダヴィンチと言われる人物です。

    国友は、歴史の川・姉川沿いの戸数180戸ほどの寒村ですが、村全体がミュージアムと言えるような環境づくりに取り組んでいます。町歩きもお楽しみください。

    国友鉄砲ミュージアム 館長
    吉田 一郎

国友への鉄砲伝来

戦国時代を変えた国友鉄砲鍛冶
  • 海を渡ってきた文化
  • 海を渡ってきた文化

    天文12年(1543)8月25日、種子島の門倉岬に一艘の中国船が嵐のために漂着した。そこに乗っていたポルトガル人から、初めて日本に2挺の鉄砲が伝えられる。

    以降、国友・堺・根来など各地で鉄砲が作られた。鉄砲の伝来と共に新しい文化や特にネジの開発によって、大きく日本の歴史を変えた。

  • 国友鉄砲鍛冶
  • 国友鉄砲鍛冶

    種子島に伝来した鉄砲は、早くも翌年から鉄砲を作り始めた。次朗助のネジの開発は大量の鉄砲の製造に成功し、鉄砲の最盛期には、70軒の鍛冶屋と500人を越す職人がいた。

    鉄砲は、銃身を作る「鍛冶師」銃床を作る「台師」と引金や火ばさみ部分(カラクリ)を作る「金具師」の3人(分業)で1挺の鉄砲が出来る。また、彼らは、年寄・年寄脇・平鍛冶と組織をつくり大量の鉄砲の注文に対応した。

  • 天下人の戦い

    元亀元年(1570)姉川合戦で鉄砲は使用したが、天正3年(1575)の「長篠の戦い」では、3,000挺の鉄砲が使用され内500挺は、信長より受注を受けた国友鉄砲が使われ、信長の勝利となり、以後戦略が変わった。

    鍛冶師は、慶長18年(1613)1貫目・150匁・120匁玉筒、翌年には、10匁・6匁玉筒を多量に作り家康に納めた。その1年後、慶長19年(1614)の「大坂冬の陣」では大筒を使い、「夏の陣」は中筒・小筒を使い家康の大勝利となり、徳川250年の時代が来た。